Lifte × SDGs

私たちが持続可能な社会のためにできること

写真 SDGs(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で決められた、国際社会共通の目標です。世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットです。リフテでも日ごろの活動に目を向け理念に沿った活動を行っています。

日本での国として行われている取り組み(外務省HPが開きます)
 

SDGs × リフテのビジョン

写真 SDGsとは、貧困や不平等・格差、気候変動など様々な問題を根本的に解決することを目指す世界共通の17の目標です。

リフテでは「幸せの一歩先へ」という経営理念のもと、私たちが提供する福祉サービスを通じて私たちに関わる全ての人が幸せになれるような法人を目指し活動しています。

障がい者福祉という小さな枠組みから飛び出し、地域福祉・地域貢献していくその姿こそSDGsの基本的な姿であり、本当の幸せへ進むためのリフテが目指すべきビジョンです。

SDGs × 障がい者福祉サービス

写真 NPO法人リフテが主として実施している障がい者福祉サービス事業
その中でも地域の障がい者に「働く場」を提供する就労支援を実施しています。これは、一般の企業で働くことが難しい障がい者を私たちの法人で雇い入れ就労支援活用事業を通して仕事を創出し、事業所利用者に責任をもってその職務を全うしてもらいます。
事業所利用者全てに日中働くことによる健康と福祉サービスを提供し、今まで働くことが難しかった障がい者の働きがいを作り出し健全な日常生活を営んでもらいます。

SDGs × 働き方改革

写真 NPO法人リフテは北海道より「北海道働き方改革推進企業シルバー認定」を受けています。
リフテは北海道の福祉事業所で唯一認定を受けており(※)北海道内の福祉施設の中では革新的な働き方を提供しています。
この認定は、働き方改革の中でも特に女性の活躍に重きを置いており、当法人も管理職に女性を複数登用しております。
しかし、私たちは女性・男性の区別はすることなく全ての職員は平等であり、経営理念の「幸せの一歩先へ」を目指しジェンダーフリーな環境のもと働きがいを創造していきます。

※令和元年10月7日現在

SDGs × 釧路町協働のまちづくり活動団体

写真 NPO法人リフテは釧路町協働のまちづくり活動団体に登録されています。
この活動団体は釧路町町民参加と協働のまちづくり基本条例のもと、オール釧路町でまちづくりを進めようという活動です。
私たちも町内で実施される様々な取り組みに参加し、町民及び町内企業とのネットワークを深めすべての人が住みやすくいつまでも住み続けられるまちづくりに積極的に参画しています。

北海道SDGs推進ネットワーク

写真 NPO法人リフテは「北海道SDGs推進ネットワーク」に加盟しており、オール北海道でSDGsの普及啓発と目標達成に向け活動しています。

以下、北海道SDGs推進ネットワークHPより転載
 

 2015年9月、国連で17のゴール(目標)と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、国際社会では、先進国と開発途上国を問わず、かけがえのない地球環境を守り、「誰一人取り残さない」多様性と包摂性のある社会の実現に向けて、SDGsの達成に向けた取組が広がっています。

 2018年、私たちが暮らす「北海道」は、その命名から150年という節目を迎えている中、これから先の50年、100年後に向け、世界とともに歩む持続可能な地域づくりを進めていくため、本道においても、先人から受け継いだ多種多様な地域資源を活かしながら、SDGsの達成に向けた取組を積極的に推進していくことが重要です。

 このため、道内の個人や企業・団体、NPO、行政機関など各層にSDGsが浸透し、幅広い分野や地域で具体的な取組が展開されるよう、多様な主体が連携・協働する全道的なネットワークとして、「北海道SDGs推進ネットワーク」を設立することとしました。